誰もが満点テスト
のはずなのに、私は…

 

中学校の理科から出題されると聞いて、『私、当然、100点取れるから関係ない』と気楽に受けたが、100点が取れない。
友達も一緒に受けたけど、100点じゃなかった。

いけると思ったのに。

 

誰もが満点テスト
のはずなのに、私は…

 

中学校の理科から出題されると聞いて『私、当然、100点取れるから関係ない』と気楽に受けたが、100点が取れない。

友達も一緒に受けたけど、100点じゃなかった。
 

昨年 平均72点

  

問題の作成に当たって

解剖生理学が苦手な看護学生は大勢います。看護とは直接関係ないからと、疾病や基礎看護を勉強しようとしますが、実は知っていると、実習や定期テストを楽に乗り越えることができる分野です。
 
誰もが満点は、各分野の基礎事項の確認を行うことが目的です。
 
満点が取れるようになったあなたは・・・

解剖生理の苦手な看護学生

まさか丸暗記じゃないよね

実習でも関係ないから、解剖生理はとりあえず丸暗記、なんていうことはありませんか。
あなたは、臓器のはたらきを200文字で説明できる?それとも、20文字?

昨年 平均72点

 

今なら 無料で受験できます。
ただし、既に学校からお申込みを登録されている場合は、お受付できない場合があります。


骨の構造

人間の体を支える役割として、骨格が存在します。教科書をみると約200個の骨から構成されると表記されています。どうして約200個?この質問に即答できると骨の知識は合格です。

微生物

冬場にインフルエンザが流行すると『インフルエンザの菌がまん延している』と話題になりますが、インフルエンザはウイルスなので、菌ではありません。ウイルスの増殖には生体が必要ですが、菌は生体が必要ありません。

循環器

人体の循環には、大循環(体循環)と小循環(肺循環)があり、血液の流れが重要です。酸素の濃度が高い血管、血流量の多い血管、筋線維のない血管とそれぞれの特徴を説明できますか?

『誤嚥は右肺が多い!』この理由を説明できますか?右気管支は左気管支に比べ、太くて短くて急傾斜なので、食物は右肺に誤嚥されやすい。ここでも、中学の物理知識が必要です。

肝臓

肝臓は三大栄養素の代謝を行っています。炭水化物は、ブドウ糖として血液中を運ばれ、細胞で燃焼されます。しかし、過剰な糖分は、肝臓でグリコゲンに変換され貯蔵され、これが内臓脂肪に変わります。

胃は咀嚼した食物を攪拌して、粥状にまで細かくします。消化管の構造は、内輪外縦の筋層ですが、胃は特別で斜筋層が存在します。これは、胃が攪拌するために非常に役立つ構造です。

  

得点調整に振り回されないために

107回の国家試験では、受験生の正答率により得点調整を行われました。正答率の高い問題は、正解して当然の問題として取り扱うのです。
つまり、受験生の大半が正解する問題レベルはどの程度なのかを把握し、対策を立てることが合格への最短コースです。

誰もが満点テスト

2019年度の出題内容(予定) 
  受験分野 受験期間
第1回 必修問題の基礎 2019年5月~8月
第2回 人体の構造と機能

2019年7月~10月

第3回 疾病の成り立ちと回復の促進

2019年9月~12月