[専門学校] [現役] [ホームページを見て] 

講師が彼女を語る

合格おめでとう。
 
彼女と出会ったのは、年前でした。高校卒業認定試験で看護学校に入学した彼女は、基礎学力に自信がなく、何をやっても空回り状態でした。
物静かな彼女は、ライブネット授業を一生懸命に聴くタイプで、他の学生のようにチャットで意見を表明することはあまりありませんでしたが、真面目に学習する受講生でした。
成績が伸びないなら、まずは原因を究明することからスタートするときっと解決策が見つかります。
 

 
必修の点数を見ても徐々に成績が伸びているのが分かります。
年度初めから比べると、成績も安定して合格圏内に入るようになりました。


彼女からいただいた手紙  

 
私は、高校を中退したため最終学歴が中卒でした。高校卒業認定試験合格資格を取得後、看護学校に入学しました。
社会人経験後の17年振りの学校生活であり、どう学習して良いのか戸惑っていた時にYouTubeにて、吉田ゼミナールの授業を拝見し、とてもわかりやすい、と感じ資料請求しました。
 
資料請求後、直ぐに小山先生から電話を頂き、看護学校入学までの頑張りを認めて頂き、一緒に頑張ろうと言って頂き入塾を決めました。
 
自宅では、Web授業の参加、わからない所は動画を繰り返し見て理解を深めていきました。また、吉田ゼミナールな参考書はコンパクトで持ち運びやすく、移動しながら等も見やすくそれらを使用し、学内テスト、国家試験勉強に励んでました。
 
今年の国家試験は、過去問だけをやっていれば受かるような試験ではありませんでした。根拠を理解すること、文章の読み取り、理解力、検査値等の把握が必要だと感じました。それらも、授業にて学ぶことができていたため、大変ありがたく思っています。
 
中卒からでも、学内テスト、実習もひとつも落とすことなく、無事に看護学校卒業、国家試験合格することができました。
低学年に入塾しても、料金が、変わることなく一度の支払いで毎年、新しいテキストが送られてくるため大変ありがたかったです。
 
看護師になった後も、認定看護師等の取得目指して頑張っていきたいです。
3年間ありがとうございました。そして、今後も宜しくお願い致します。

106回の国家試験を終えて、試験は難しかったですか。 

はい。
長文が多かった・・・、関係法規が多く感じた・・・

国試対策に過去問の繰り返しは必要だと思いますか。 

いいえ。
頻出と言われている疾病問題が余り出題されていないように感じる。

この1年間で成績が伸びたと思いますか。 

はい。
必修が合格圏内にいくようになった。

教材のご感想をお聞かせください。 

ライブネット授業は、苦手分野は繰り返し学習できた。 
テキスト・実力テスト・過去問題やWebテストは、まあまあ良かった。 

107回以降の受験生に対して、アドバイスをお聞かせください。 

過去問だけの学習では国試合格は難しいと思います。
 
早い時期の国試取り組みが必要かと思います。

看護師国家試験対策講座の資料を請求する