[大学] [既卒] [検索(その他)] 

講師が彼女を語る

合格おめでとう。
 
必修問題の1点の重さを一番感じている受講生だと思います。合格できると確信していても、神のいたずらか?と成績通知を受け取ったあの日のことをいつまでも忘れることはないと思います。 

彼女からいただいた手紙

  
合否が怖くて答え合わせをせずにいたのに枠を開けててくれた先生、本当にありがとうございます!!
 
私が先生と初めて電話したのは、ストレート合格するはずだった104回目の合格発表の夜でした。落ちてすぐに105回で合格しないと!と思い資料請求をしたのが吉田ゼミナールでした。資料請求した直後先生から電話で、びっくりしたけど、今思うと、あの電話のおかげで今がある気がします。
 
既卒生ながら、私は、2年間吉田ゼミナールにお世話になりました。105回は、不合格でした。受かると思っていました。けれど不合格。今だから不合格の理由が分かる気がします。
 
104回は、正直国試を舐めていました。90%受かるのに不合格になるわけがない。よゆーや!大丈夫!と毎日口ずさみ、国試数日前に不安で不安でたまらなくなり結果不合格。
105回、吉田ゼミナールに入塾!1年間勉強してたよな?と疑いたくなるくらいに先生から教わることが初めて聞くような感覚で着実に模試結果が上がりました。ここで楽勝とおもったら去年と一緒と思いながら、心の中で微かな余裕を持っていたのだと今だから、そう感じます。
 
 
そして本当の三度目の正直
106回臨むに当たって、自分で決めたことがありました。後悔しないことです。あー、あれやっといたらよかった。と国試が終わってから嘆いたら遅い。当たり前のことやけど、当たり前のことが出来ないから国試には、落ちます。その当たり前を習慣化すること難しいけど、合格への近道な気がします。国試が終わった直後にできた!!と思った訳では、ないけど、後悔は、それほどありませんでした。なぜなら、後悔することが自分のなかで本当にほとんど無かったからです。
その後悔しないために毎日自分の目標を自分で立てていました。毎日先生に何をします!と1日の勉強メニューをLINE報告を欠かさずしました。サボる日も同様にです。けど、自分で何をするか決めて公表することで不足しているところが明確に自分で整理できます。先生は、そんな面倒なLINEでも誤字脱字に突っ込んでくれるし、嫌な対応もせずに付き合ってくれました。
 
 
勉強は、1人だと孤独だけど、顔も知らない仲間と勉強する2年間は、すごく楽しかったです\(^o^)/吉田ゼミナールで沢山のことを学べて良かったと本当に思います!現役じゃないけど、その分プラスにできることもあるし、本当に楽しくて意味のある2年間でした!本当に本当にありがとうございました!これからは、シンデレラでよろしくお願いします

看護師国家試験対策講座の資料を請求する