[大学] [現役] [検索(ヤフー)] 

講師が彼女を語る

合格おめでとう。
 
国立大学の学生が国家試験に悩んでいる?というのが私の正直な感想でした。大学入試と国家試験は問われる能力が違うのでゼロからのスタートだと講師歴17年で学ばせていただいた学生でした。 

彼女からいただいた手紙

  
小山先生
 
106回看護師国家試験合格することができました。
吉田ゼミに入ることができたおかげです。
大変お世話になりました。ありがとうございました。

 

私は持病があり休んでいた実習を、最終学年でいかなければならなくて、実習後も体調をくずしてしまいました。
 
国家試験勉強も12月から始めました。
 
模試も必修が点数とれませんでした。
 
国家試験勉強もわからない問題に時間がかかってしまい、とても不安でした。そんなとき、吉田ゼミを知り、お電話で先生とお話をさせていただきました。
 
先生の講義を受講することで、基礎から学ぶ事ができました。
 
また、先生が考え方のコツを教えて下さるので理解することができました。今まで解決できず時間がかかっていたものが、理解できると勉強が楽しくなっていきました。
 
講義の中では、勉強だけではなく、励ましのお言葉をいただけたり、時には厳しいお言葉をいただくことができました。先生御自身のご入院されたご経験をお聞きすることで、患者としてのお気持ち、看護師としての視点を知ることができました。先生の豊富な知識を教わることで勉強面だけではなくて、たくさんの事を学ばせていただきました。
 
入塾することができたおかげで、勉強面においても、一人の人間としても、医療従事者看護師としての倫理観の面においても貴重なお話をお聞きすることで学びを深める事ができました。
 
小山先生、感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。
今後も先生のご健康とご活躍をお祈り申しあげます。

106回の国家試験を終えて、試験は難しかったですか。 

はい。
問題の文章が長かったためよみおわるまでに時間がかかり、文章の読解力が必要であると思いました。

国試対策に過去問の繰り返しは必要だと思いますか。 

過去問は一通りはしておいた方が良いと思いますが、暗記になると文章の読解力につながらないとおもいました。

この1年間で成績が伸びたと思いますか。

はい。
一人で勉強してもわからないまま時間が過ぎていきますが、先生の講義を受講することで考え方のコツを学ぶ事ができました。

今回のインターネット利用した講義はどうでしたか。

良かった。
申し込む前に先生にお聞きした通り、インフルエンザ、風邪などにかからず家で有効に時間を使う事ができました。

107回以降の受験生に対して、アドバイスをお聞かせください。 

勉強はコツコツ積み重ねが大切とおもいます。

看護師国家試験対策講座の資料を請求する