[専門学校] [現役] [学校にあったチラシ、で入塾] 

講師が彼女を語る

合格おめでとう。

 

看護師国家試験対策の予備校は、都市部に集中し、地方都市に住んでいると通学にも一苦労です。しかし、彼女は自分の夢をネット予備校に託してくれました。その結果、42日と短期間でしたが効率学習ができたと思います。予備校がない地域でも、ネット授業なら全国受講可能です。授業では積極的に発言して、自分の考えを整理することが合格への最短コースです。

彼女からいただいた手紙

 
第107回の看護師国家試験は、難しくなると聞いていたけど、何から手を付けたら良いのか分からないし、模試では必修が8割とれたり取れなかったりと成績は不安定でした。

そんな時、学校で配られた黄色い一枚の紙!吉田ゼミナールの無料体験講座の案内でした。
 
勉強の仕方も分からないし、受けてみようと思い申し込みました。講座の受講中、小山先生の「今回の国家試験は難しくなるから、自分で勉強して合格するのは難しいぞ」の言葉にヒヤリとしたのを覚えています。その言葉で、無料体験講座終了直後、すぐに小山先生に電話して入塾許可をお願いしました。国家試験まで42日での入塾でした。
 
入塾後は、次の授業の予習を行い、授業後はその日で習った内容はその日で覚え、朝起きたらまた確認するという学習方法を徹底しました。でも、国家試験まで42日でも焦らずしっかり学習を続けていくことができた一番の理由は、授業の雰囲気でした。時には厳しく、時には笑いがあり楽しく授業を受けながら力を身につけることができました。
 
先生!国家試験まであまり日にちがなかった私を、引き受けてくれて本当にありがとうございます!

107回の国家試験を終えて、試験は難しかったですか。 

はい。
必修が一般みたいだった。
写真の問題が多かった。
 

この1年間で成績が伸びましたか。

はい、伸びました。
3学年の夏までは模試の成績が150点台でした。 
 

合格保証講座のご感想をお聞かせください。 

慣れた場所で、落ち着いて勉強ができる。集中できた!人の目を気にしなくて良い。
 

108回以降の受験生に対して、アドバイスをお聞かせください。  

私は、国家試験まで日にちがあまりなかったので先生の言っている授業内容を、一字一句覚えるつもりで学習しました。また、予習復習をしっかり行って確実に身につけるようにしました。

看護師国家試験対策講座の資料を請求する