[通信制] [現役] [検索(google)、で入塾] 

講師が彼女を語る

合格おめでとう。
 
ネット予備校は、通学時間0分・通学費用0円の無駄のない学習形態です。地方都市の看護学生にとって、予備校まで通学することが大きな負担です。この負担を軽減できないかと考え、誕生したのが吉田ゼミナールでした。彼女はこのメリットを最大限利用した学習法で合格をつかみました。

彼女からいただいた手紙

  
私の在籍していた学校では、模擬試験が2年生になってからの6月、9月、12月にあり、必修問題は31点、36点、36点と一度も40点を超えたことがないまま国試本番まで残り2カ月となってしまっていました。
 
それまでは、隙間の時間を使って過去の問題をひたすら解いて、間違えていた箇所を調べ直すという作業を実行していましたが、独学では限界があり行き詰っていました。学校の教員による相談会や質疑応答もあるにはあるのですが、やはり学校側の都合の時間に合わせなければならず、大変時間がかかり勤務で都合がつかない場合は休みをもらわなければならないため、頼れる場所がない状況でした。
 
学校に予備校の講師も来てくれて3度講義を受ける機会がありやっぱり、国試についてきちんと学ばなければ合格出来ないと気がついてその講師の講義を受けようと思いましたが、質問するためにはすごい行列にならばなければならず、また通うための時間も確保が必要で躊躇してしまう原因でした。
 
そんな時に、ユーチューブでハッキリものをいう吉田ゼミナールの先生に興味が湧きました。ホームページを見て返金保証制度ができた経緯のページを読んで、そこまで自信を持って出来た講座ならば、私の事も合格させてもらえるのではないかと本気で思えたので思い切って入塾しました。
 
60日講座からの入塾でしたのでついていけるか不安がありましたし、ズバッとキツイことを言われるのではないかとビクビクしながらでしたが、規定の日程以外でも生徒の理解度に合わせてほぼ毎日の講義と予習テスト、実力テスト、先生厳選の過去問‥とこなしていくうちに何を問われているのかっという事に気がつけるようになり、少しずつですが問題が理解できるようになっていった気がします。
 
ゼミに参加することに苦痛を感じることはなく、むしろ楽しみになっていて、国試本番ギリギリまで講義があり不安を不安にさせない工夫をしてくれているなぁと感じ気持ちが暖かくなりました。
 
そのおかげで、私は本番で初めて必修問題が40点を越えることができました。今も、本当に現実に必修問題が取れたのか心配になるくらい自然に解けた事が吉田ゼミマジックだったと私は思っています。
 
もっと早くからの入塾であればもう少し良い点が取れたのではと強欲になっている自分もいたりします。それくらい思い切って入塾してよかったと思っています。あの時ゼミに参加していなかったら、36点のままだったと思います。やはり、正しく導いてくれる信頼してみようと思える講師に出会えて良かったと本当に思っています。綺麗事ばかりではなく、免許を取得した後が大切で向上していくためには何が必要なのかということがゼミの根底にあることに私は魅力を感じ信頼してみようと思えたのだと思います。
 
 
この話は本当のことなので、これからどうしたら良いのか路頭に迷っている受験生の方のちからになれたら嬉しいです。

107回の国家試験を終えて、試験は難しかったですか。 

はい。
前半部分は、順調に答えられた感じでしたが、後半になるにつれ、初見の問題や、長文読解などが出てきて、スタミナを奪われたところにつけ込まれた感じでした。。
 

合格保証講座のご感想をお聞かせください。 

私は、こちらに約2ヶ月間お世話になりましたが、なかなか必修が伸び悩んで理解出来ず点数につながらなかったものが、少しずつですが理解できる様になってきました。
 

インターネットを利用した講義、いかがでしたか。

私にとっては、インターネットの講義は大変有り難かったです。そもそも通信制の学生なので、普段は常勤勤務があり、欠勤が許される状況ではなく、スクーリング授業でさえ職場に迷惑をかけながらの出席でしたので、個人的に予備校に通う事はできない環境でしたので、インターネットで授業が受けられ、尚且つ録画でもおさらい出来て、オマケに即座に質問メールができるので、至れり尽くせりの環境でした。 
 

アクティブ・ラーニング型の講義は、どうでしたか。

 私は、独りで職場の許可をもらい通信制の学生になり、ひとりで何事も行動してきたので、学校でもグループワークがとても苦手分野で、結局、先生とも疎通がはかれず、完全に孤立していましたので、画面に文字を書いて返事が返ってくる事が楽しくて嬉しかったです。年齢も壮年期のため若い人達の反応の早さや明るさに随分励まされました。先生とのやりとりも、ボケと突っ込みで関西人にとってはとても入りやすい楽しい環境で、勉強しているけれど笑っていられました。 
 

教材について、意見をお聞かせください。

テキストは、1番手にしていたと思います。ページを開きすぎて一部ちぎれるくらい読んでいました。学校ではレビューブックを勧められましたし購入もしましたがどうしても馴染めず、教科書や参考書等も一通り購入しました。でも、緑のテキストは常に眺めていました。なぜだろうと考えて見た結果、必ずすぐに解答が探せて、理解しやすいという事が1番の理由だと思います。ウェブテストを実行し、ミスしたところをすぐに探せて必ず理解できる事ができとても良かったと思います。 
 

入塾を決定した理由は?

やはり、ライブ授業が受けられた事が私にとっては良かったと思います。具体的に例えてもらえたところがすぐに理解に結びつけられ、放送中に「しばらくお待ち下さい…」的な放送コードギリギリな例え等で飽きさせないところに印象が強く残り、次はまたどんな話が飛び出すのだろうと、ワクワク感も出てきて次もまた聞きたいと思える楽しい授業が私にとってはとても有り難かったです。 
 

108回以降の受験生に対して、アドバイスをお聞かせください。  

これから国家試験を受験予定の方々へ、アドバイスというか…私にお伝えできる事があるとすれば、やはり、信頼できる先生であるという事てはないでしょうか。学校でもいくつかの予備校の先生による授業がありましたし、通ってみようという気持ちもありましたが、国家試験を作成する人の気持ちを考えて伝え、だからこうなのでは‥っと説明を入れてくれることが、私にとっては初めての体験でした。今まで作成者の気持ちを考えたことなど無かったので衝撃的でした。そのことに気づけてからは、ひとつ1つ問題の意図を考えながら解答するようになれました。そうすれば問題1点、また1点と理解しながら積み重ねていけるのではと思います。 

最後に

 
たった2ヶ月間でしたが、吉田ゼミナールのおかげで安心して国家試験に挑めたと思います。毎日授業が待ち遠しい気持ちでした。
 
もう参加出来なくなるのは大変つらいですが、先生に頼ってばかりではいけないので、こちらで教わった事を業務でも生かせるように日々精進していきます。スタッフの皆様や奥様にも大変お世話になりました。先生にボーダーラインを聞けたことでアンケートをきちんと記入する気持ちにもなれました。
 
ブドウ棚や暖炉もいつの日か見に行けたらと想像して、また明日を頑張っていこうと思います。短い間でしたが、凝縮した時間を共有できたことは生涯忘れません。大変お世話になりました。ありがとうございました。

看護師国家試験対策講座の資料を請求する