[短期大学] [既卒] [学校の先生の紹介、で入塾] 

講師が彼女を語る

合格おめでとう。

 

偏差値が12点アップときくと、一般的には信じられない話ですが、吉田ゼミナールに過去にもたくさんいます。彼女もその一人です。学習は、自分に最適な方法を見つけることが、得点アップの秘訣です。自分の学習法に悩んだら、立ち止まり考え、また進むの繰り返しで、着実に成績は伸びます。臨床にいっても、この経験を活かして、活躍してください。 

彼女からいただいた封筒をクリックすると

彼女からいただいた手紙  

 
107回看護師国家試験がアクシデントなど無く終わることができました。
 
小山先生の授業を1年間やってきたことで、試験が終わってすぐの時も前回よりもできたという気持ちで自宅に帰ってくることができたと思います。小山先生に感謝の気持ちでいっぱいでした。私が合格できたのも吉田ゼミナールに入塾し、1年間やりとげたからだ思っています。
 
私は1度106回の試験で不合格となっていました。過去問を何度もやれば受かると言われてきて、その通りにやってきていましたが、小山先生がそのやり方ではだめだと言っており、暗記型ではなく思考型でやっていかなければいけないと聞き、自分のやり方が違って
いたことが分かりました。
 
ここなら、自分は今年こそ受かることができる、試験後も楽しく合格発表をまつことができるようになれると強く思いすぐに入塾したいとお申込みました。
 
今までテスト前に暗記するだけであり、文字を読むことがほとんどなかったため。テキストを読む、理解することに苦しみましたが、続けていくことで、少しずつ理解していくことができ、また詳しく書かれており、学校のものよりも使いやすくなっていきました。
 
ネットの授業であり、顔が見えないため、人見知りする自分でも質問がしやすいし、小山先生はわかるまで丁寧に教えてくれるので、生徒思いの先生は初めてでした。また、チャットに他の生徒の考えをみえるので、そこから理解や知識を増やすこともでき、自分1人だけではなく。同じように頑張っている仲間がいることも分かり、自分もさらに頑張らなければという思いにもさせてもらえていました。
 
小山先生は、少しキツイ言い方をすることがありましたが、先生でこんな風に言ってくれる方はいなかったので、とてもありがたかったです。最初は先生のやり方に不安の思うこともありましたが、自分の理解・思考ができてきて、模試の成績が去年よりも上がってきて、このやり方で大丈夫だと自信をもつことができました。試験の前日・当日の朝の先生からの動画が送られてきて、安心して楽しんで試験を受けることがきました。本当に先生と出会えてよかったと思っています。
 
先生は最後まで「できる看護師」を育てることが目的だと言っておられました。合格できたら良いやと思っていましたが。入塾し、自分もできる看護師となり患者さんから、病院の職員からも必要とされるように、これからも努力を続けていきたいと思います。
 
知識・技術を持ち、考えられる看護師を目指し頑張ります。私は先生と出会い、どのように頑張っていくかを学ぶことができました。頑張ることでいつかは夢をつかむことができるので、あきらめないでこれからの人生を進んでいきます。また。看護学生で勉強に悩んでいる人たちがいたら、胸をはって吉田ゼミナールで頑張ってみたらよいと思うよと相談になってあげたいと思います。
 
小山先生、1年間ありがとうございました。

彼女の合格テキスト

緑のテキストは、入塾と同時に音読のスタート。特に、人体の構造と機能は、音読も慣れていない受講生にとっては、読めない漢字や、分からない単語があり、途中で嫌になることも。

 
彼女も緑のテキストの音読からスタート。
 
国試前、最後の確認にラストチェック。
この頃は既に国試に対して不安が出て来る頃ですが、そんな時は勉強に集中。
 
彼女もコツコツと学習を進めました。
直前講習は、国試1週間前。
からだもピークに達し、わけのわからない疲労や腹痛がある受験生もいますが、そんな時も彼女は、授業に集中。

107回の国家試験を終えて、試験は難しかったですか。 

はい。
必修はそこまで難しいとは感じなかった。一般では聞いたことのない言葉がでてきたりして、少し焦った。また、法律関係が多かったように思う。しかし、吉田ゼミナールでもらった新出題基準の分野ごとの言葉の意味が書かれて冊子から、見たことのあるものが何個か出題されていた。
 

合格保証講座のご感想をお聞かせください。

受講する前までに模試では、問題の答えを考え出すだけであったが、他の選択肢はどこが違うのか、どういうことであると正しいのかも考えるようになり自分の思考を高められたと思う。
 

インターネットを利用した講義、いかがでしたか。

交通費はかからないため、金銭面でも助かったことや、分からないことがあると。チャットの書き込むとすぐに先生が説明してくれて、わかるまで丁寧に考えてくれる所が良いと思った。また、他の人の考えや思考も知ることができ、自分の理解や思考力を高めることにつながると思った。 
 

アクティブ・ラーニング型の講義は、どうでしたか。

学校の授業では、講義を受けて、その場で理解したように気になっているだけが多かったが、ネットの授業では、予習→講義→復習→まとめということを繰り返していき、少しずつ、その習慣が体に合っていき、頭の中に知識が入っていき、使うこともできるようになれたと思う。 
 

教材について、意見をお聞かせください。

パソコンを使うのが苦手であったことや、タブレットだと持ち運びもしやすく、ちょうど良い大きさであったため。テキスト類は、初めて読んだときは、文字が多く読みにくい感じがしたが、使ううちに文字に慣れてきたこともあり、こまかく書かれており使いやすかった。
 

教材の中でもっとも役に立ったのは?

 ライブネット授業
自分の考えなどを言うことができ、それに対する返事もあることや、学校の授業で学んだこがないような先生の体験話を聞くことができ、今、日本などで起きている時事についても考えることができるため。色々なことに目を向けようという気になってきた。
 

入塾を決定した理由は?

無料体験
不合格と分かり、今後1年どうするか悩んでいた時に学校の先生から無料体験があるときき、受けてみた。自分がなぜ106回を落ちたのかを知るきっかけであり、今までの学習方法は間違っていたことに気づくことができ、さらに、どのように勉強していくことが大切かを知ることができた。ここでやって、今年こそ受かりたいと強く思ったからである。 
 

108回以降の受験生に対して、アドバイスをお聞かせください。

国家試験は、暗記型から思考型へと変わってきていることを私は身をもって体験しました。吉田ゼミナールでは、今までやってきたやり方とは違うため、すこし戸惑うかもしれないけれど、小山先生のいうことを信じて、そのやり方をつらぬき通すと必ず合格につながると思います。私はもっと早くに先生に出会いたかったと思うくらいです。こんな受講生のことを考えてくれる方はいないと思います。あきらめずにゼミナールに入ることをオススメします。 

看護師国家試験対策講座の資料を請求する